facebook+twitterブログ

facebookやtwitterから顔画像やWIKI経歴を調査!

函館の星龍軒 閉店理由の真相が判明!

 

函館の星龍軒 閉店理由が話題になっていますね!

 

あなたは函館の星龍軒をご存知でしょうか?

 

いったい函館の星龍軒の閉店理由は何だったのか動画や画像やWIKIで真相を探っていきましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

函館の星龍軒の閉店理由とは?

 

北海道ニュースUHB他、メディア各局が函館の星龍軒の閉店理由に関して下記のようなニュースを報じ話題となっています。

 

 

“人気店になるのがすべてじゃない“函館老舗ラーメン店 涙の閉店のわけ  4月末、北海道函館市にある塩ラーメンの名店が、惜しまれながら閉店しました。  連日行列ができ、ミシュランガイドに掲載される人気店でした。    なぜそんな人気店が閉店したのでしょうか…。 星龍軒の店主 佐々木由了さん:「仕込みがきつい…。もう60過ぎて半ばになるのに、こんなに働いて、みんなが喜んでくれればいいけど」

 

 

出典元:  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00010000-hokkaibunv-hok

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

函館の星龍軒のネットの声

 

函館星龍軒が閉店ってなんてこった 塩ラーメンだけでなく チャーハンもおいしかった

 

星龍軒のようにテレビや雑誌で紹介された途端に、とんでもなく忙しくなり、店に何の思い入れのない初めて客が、待たされることにいらつき、店員もその空気と多忙さに疲れ果て、それまでは楽しかったはずの仕事も、儲かるけれども疲れるだけの単なる労働になってしまい、結局休業したり廃業したりしたお店を何軒か見てきました。メディア披露さえしなければ、もうちょっと長く、楽しくできたかもしれないのになぁ・・・と残念に思います。

 

商売の神様の恵比寿様は釣竿を持っていますが、あれは網で大量に魚を獲るのではなく、自分が食べられるだけの魚を釣竿で釣るぐらいがちょうどいいという、商売の心得を意味しているそうです。 生活できて、楽しく仕事できているなら、それ以上の儲けを求めてはあまりいいことはないのかもしれませんね。

 

ミシュラン星は罪深い。星をもらった店は流行るけど客は「星目当て」の連中ばかり。星好きは「ほんとに美味いか試してやる」という嫌な人間が多い。しかも一度来たら二度と来ないし。 星龍軒(函館)も星なんか「要りません」と断るべきだったかもね。

 

マスコミなどの報道に翻弄されて従来のサービスレベルを維持できなくなることを危惧して取材などを受け入れないお店がある。

 

愛の貧乏脱出大作戦の函館のラーメンみなみのみなみちゃんはどうした〜︎閉店していないよな

 

地元のうどんやさんも、さぬきうどんブームの影響で県外客が増え、オフィス街のもかかわらず、平日が店休日。 調子にのってショッピングモールにも出店。 ちなみに本店が一番不味いが食べログ評価は、やはり本店が一番美味いだってw

 

閉店理由は本当に食べて欲しい人が来れなくなり、変な観光客が増えたからだったのか…?切実で料理人なら心折れるだろうね。

 

星龍軒の閉店理由は贅沢な悩み。お客が来なくて潰れてく店もたくさんあるのに

 

一度だけ星龍軒の醤油ラーメン食べたけどスープを飲んだ瞬間にマルちゃん麺づくりと同じ味がした記憶があります。 なんでこの程度のラーメンに並ぶのか不思議に感じた。 札幌で食べ歩いているから函館はレベルが低すぎて無理。

 

星龍軒のような個人経営じゃ大量に作るには限界あるわな・・・ 外人さんとかも含め、観光客が押し寄せてきたら、利益は儲かるだろうけど、のんびり常連と話すとかできなくなるだろうね やってて辛い店なんて、苦痛でしかないかもな 今までお疲れ様でした

 

 

まとめ

 

今回は函館の星龍軒 閉店理由に関して調べてみましたが如何でしたでしょうか?

 

まだまだ真相不明な部分もありますので引き続き調査し追記してまいります。

 

 

スポンサーリンク